ベストアルバム「LIFE!」の制作裏話③

ボン・ヴォヤージュ

皆様こんにちは、akatsukikyoです!7/3(日)ボーマス47で先行リリース!
そして7/7(木)に配信スタートするベストアルバム「LIFE!」
裏話の第3弾、ラストまでお届けしていきます! 前回の記事はコチラ

今回は9曲目から12曲目まで!
akatsukikyo十八番のせつなポップロックを届けます!

9.ガラス越しの星海

まず謝らなきゃいけません。ジャケット裏、星界さんの名前「星海」になっています。申し訳ない…!!!
 
いや、あのね!曲タイトルはワザと「星海」にしているんですよ! そんなややこしい事をした結果がコレですよ。どうしてチェックの時には疑いもしなかったのでしょうか…。
 
と、とりあえず気を取り直して楽曲解説に移りましょう。本作は「Be the First Penguin!」と同じく書き下ろし楽曲です。実は世界観も共有しています。この曲も海咲野くくるがイメージキャラ。夢とかけ離れた現実をガラス張りのオフィスで表現して描いた物語です。アクアトープでいう後期ですね。
実は音楽のプロを目指すべく時間の取れる仕事に変えたのですが、そこで初めて都心のオフィスを経験したので自分の想いも重ねて物語を描いております。きっと社会人として働いている人たちは心の何処かで「何でこんな場所にいるんだろう」と思う瞬間ってあると思うんです。でもそんな日々もきっと無駄じゃない。ふと窓の外を見上げたら、素敵な夜景を作っているかもしれません。
 
 
……はい、ジャケットでも書きましたが「残業」が裏テーマです(笑)
お口直しに長崎の夜景を貼る(無意味)

10.夜風に託したちいさな願い

ギリギリまだ「エモい」という言葉が一般化していない時に出来た「エモい」曲。(エモ、の本来の定義は一旦横におきますね)
自分が表現したい世界の一つに「物語の終わり」があります。どんな物語も終わりが来るからこそ、その瞬間を愛おしく思えるものだと思っています。
今作は「船上の音楽祭」と題したアルバムのエンディング曲。花火が打ち上がる夜空の中、船の端っこで1人、夜風を浴びながら暗い海の方を眺める。その先には音楽を届けたい人が待つ星が微かに見える。曲作りの方法の一つに、頭の中でこうした一枚絵を描く事があります。実際MV用イラストとして再現して頂いたみほさんには感謝です。
 
 
楽曲構成はかなり特殊でAメロが1番にしか存在しないんですよね。1番が終わった時に「今ある”熱”は消えないよな〜」と思い2番サビ終わりまでず~っと盛り上がっている構成になりました。
そして合唱パート。レコーディングは吉祥寺のスタジオに集まって合唱を録ったのがいい想い出です。(ですが、何故自分は歌わなかったのか未だに後悔です)
中学生の時、合唱コンクールの指揮者に立候補していたのですが、どうやら合唱を監督する立場が好きみたいです。今思えばあの頃から作曲をやりたかったのかもな…キーボードでメロとか作ってたし…
そう考えると中学生の内からDTM環境ができるのって羨ましい。オレも中学生ボカロPとか言ってみたかったなぁ(笑)
 

11.Grazie!

ビッグバンド風の明るくも何故か切なくなる曲調が好きなのは自分だけでは無いはず。多分、Grazie!が現時点で「本当に自分が作りたい音楽ジャンル」だと思います。ただ5年間で成長してる分、色々気になる所もあるので、いつかクオリティ面も感情面もGrazie!を超えるベストソングは作ります。お約束です。
ちなみにGrazie!–イタリア語なのは、アルバムの舞台がベネチアモデルだったからです。
 
歌詞は「SNJ+2」の後書きでも書いたように、作曲の先生に対するお礼の気持ちから生まれた言葉。でも生きている中でGrazie!を届けたいと思える人に、たくさん出会えているな〜と思います。特に2番が終わった後の歌詞「ねえ時の歯車を1つずらせば、ずっと一緒にいられるかな?」は、生きているうちにこんな感情になる場面がたくさんあると思います。
なかなか感謝って言葉にするの難しいのですが、音楽はそんな時に役立つと感じた1曲でした! 
 
もちろん曲を聞いてくださり、ブログまで読んでくださったあなたにも感謝です!
ボーマスでお話したり、曲の感想くれたりすると本当に音楽やっていてよかったと思うんです。
イベントの帰り道、倖せ過ぎて涙でてきましたもん(笑)
音楽無かったら、どれだけ人生詰まらなかっただろう…って感じるほど
なかなか体験できない特別な思い出を貰っています。 ホント、ホントありがとう!!

12.ボン・ヴォヤージュ

akatsukikyo始まりの曲。初めてフルで歌詞曲ともに完成した楽曲で原曲出来てからは10年が経ちます。
ボン・ヴォヤージュ
ホント不思議なのですが、導かれるように歌詞とメロ、コードが同時に自然と思い浮かんできたんですよね。今でも、この不思議な作り方はボン・ヴォヤージュだけ。神様信じてない人ですが、「不思議な贈り物」だと思って大切にしています。
 
作曲を本格的に勉強始めたのも、この曲をいつかCDに載せて色んな人に届けたかったから。この曲の為に始めたのがakatsukikyo Music Channelなんです。だからベストアルバムのラストはこの曲しかありませんでした。
 
タイトルのボンヴォヤージュは「よい旅を」 旅立つ人へ贈る言葉です。
高校2年生の3月、先輩たちの卒業式を終えて家に帰った時に自然と生まれたんです。
 
そこからはキセキの連続。
アルバムタイトル「Special Narrative Journey」シリーズはボン・ヴォヤージュがあったからこそJourneyという言葉を選びましたが、実は頭文字「SNJ」は全然別の意味で作った言葉なんです。
(S〇〇 N〇〇 Junior hi school/自分の中学校の頭文字をUSJっぽく略した中二の秋…)
 
SNJ→Special Narrative Journey 特別で物語のような旅
じゃあせっかくだし、世界各地を回る旅をイメージしたアルバム制作をしよう!
と発想してプロジェクトが生まれました。
 
また、せっかく旅がテーマなので「リアルでも旅してみようかな?」と思ったのが大ハマり。
元々猫みたいな気まぐれ自由人な性格なので、予定を立てない一人旅が大好きになりました。
 
もちろん旅を楽しみながら、音楽制作にも活かしています!
音を聞くと色が見えるように、絶景を見ると楽曲イメージが湧くんです(*´▽`*)
あざまサンサンビーチ:沖縄県南城市
今作の「Be the First Penguin!」MVメインロケ地です♪
 
白谷雲水峡:屋久島
「SNJ+4~スターチスの花束を~」の舞台です!
 
▼こんな感じでイラストジャケにも生かされています♪

と、まあ脱線しましたが「ボン・ヴォヤージュ」はakatsukikyo Music Channel始まりの曲。そしてずっと活動の中心に居てくれる曲なんです。

何かをスタートしたい時、チャレンジしたい時にこの曲が背中を押してくれる。
旅立ちのお供にしていただけたら嬉しいです♪

 

お知らせ

このベストアルバム1曲目を飾る「Be the First Penguin!」
MVが7/7(木)0:00公開!

沖縄県南城市・そして豊見城市のDMMかりゆし水族館の写真をメインに組み上げたMVで「白い砂のアクアトープ」1周年、そしてヒロイン海咲野くくるの誕生日をお祝いします!!

↑チラ見せver.

日付変わると同時に公開ですので、お楽しみに♪

 

■ベストアルバム「LIFE!」7/7配信スタート

「見守っていて、僕たちの夢、未来を……」

CeVIOオリジナル曲、特にOИE激推しで贈る物語。各アルバムから厳選した楽曲たちと
新曲、初収録の音源も含めた、これ1枚でakatsukikyoの活動が分かるベストアルバムです!
アニソン系せつなポップロックを中心に詰め込んだ5年分の音を、ぜひお楽しみください!

OИE・IAとakatsukikyoではお馴染みの2人に加え
さとうささら・星界が歌う新曲もそれぞれ収録!

akatsukikyoのこれまでとこれからを伝えていく音の旅。
あなたも一緒に出掛けてみませんか……?

■配信サイト一覧リンク

 

公式LINEやってます!

akatsukikyoの夢を追う旅をより身近に♪
時には作戦会議で相談することも…? 一緒に音楽を楽しんでいきましょう!