作曲

ドラムづくりのコツは、脳内ライブ!

投稿日:

皆様こんにちは! 今回はドラムフレーズの作り方!

 

私は、実際にドラム演奏ができないのですが

ドラム経験が無い方でも簡単にドラムフレーズは作れます!

 

まずはお気軽に取り組んでみましょう!

 

1.基本的に使うのは3か所!

ドラムの難しい所は、叩く楽器がたくさんあること。

ドレミが無いので何をすればいいか分かりづらいんですよね。

 

そこで、まずは使う所を3か所に絞りましょう!

 

 

・バスドラム:大太鼓のイメージ(ドン・ボンって音)

・スネア:小太鼓のイメージ(タン・パンって音)

・ハイハット:シャンシャン鳴らします

 

この3つでリズムを組みながら

たまに他のシンバルを鳴らす、程度で始めはOKです!

では実際にフレーズを組んでみましょう!

 

2.どんなノリにしたい?

ドラムフレーズを組む上で考えたいのは

「どんなノリにするか?」

 

もっと分かりやすく言うと

「仮にこの曲でライブしたら、観客はどんな風に盛り上がるか?」

 

例えば、下記2曲のサビをライブで聞いていると思って再生してみてください!

0:47~

 

1:16~

 

いかがでしょうか? どちらもスピード感溢れる曲ですが

ドラムフレーズが違うと盛り上がり方も変わってくるのです。

 

ですので、自分の好きな曲のノリを参考にしながら

方向性を決めてドラムパターンを組んでいきましょう!

 

3.何パターンかご紹介します!

では、同じフレーズでドラムパターンを変えるとどうなるか?

実際にやってみました!

 

◆元のメロディ(前回のブログから、また作り直しました)

 

◆シンプルパターン(Jpop系に多い)

 

◆裏打ちパターン(どちらかというとアニソンに多い?)

 

◆GRANRODEOパターン(というイメージがあります……)

 

◆ゆっくりパターン

 

このあたりにしておきましょうか!

 

今回はシンプルに作ってみましたが

実際にはサビの前半と後半でリズムを変えたりすると

「飽き」が来なくなるのでお勧めです(*´▽`*)

 

≪複数のリズムを使った実例がコチラ!≫

 

0:45~

前半はシンプル・後半は裏打ちパターンが基本となっています。そしてダメ押しにゆっくりパターン

リズムを切り替える事でサビに抑揚が出てきます!

 

次回は!

基本のパターンでドラムを組んだら

いわゆるフィル・美味しいアレンジを入れていきましょう!

コツは「混ぜすぎず、入れなさすぎず」

料理で言う塩コショウみたいなステップです!

 

 

ホンケンと「音楽×旅」一緒に楽しみませんか?

私、ホンケンは現在も社会人として働きながら

大好きな『音楽×旅』をテーマに活動をしています!

 

aMCのLINE@(公式ラインアカウント)では

旅の裏話音楽制作や動画制作の最新情報をお届けします!

 

旅の行き先についてアンケートを取ったり

作曲についての勉強会で一緒にスキルを高めあったり

元塾講師の経験を活かして色々相談に乗ったり…などなど

LINE@読者さん限定、双方向で楽しむ企画も計画中!

 

これからのホンケンのチャレンジを応援してくださる方

音楽や旅行が好きな方、趣味で作曲や動画制作をしてみたい方は

ぜひ気軽に登録してみてくださいね!

 

 

検索

検索

-作曲

Copyright© akatsukikyo Music Channel , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.