ホンケンの昔話

音楽で稼ぐ事を諦めた話~大学受験編~

投稿日:

お昼はスープカレー、夜はカレーチャーハン!

実はカレー好きなのかも? こんにちは、ホンケンです!

 

今日はちょっと昔の話、大学受験の際に

音楽で稼ぐ事を諦めた事があったな……と思ったので

そのお話を書いていきます!

 

1.音楽の専門学校の話を聞く機会:音楽の仕事に憧れる

当時、野球部だったのですが

部活引退後、高校で色んな進路先の方と

お話をする説明会がありました。

 

その時はギターを弾いていて音楽が好きだったのですが

特に将来、仕事の事は全然考えていなくて

友達と一緒に適当に回っていました。

 

基本的に大学進学な高校だったのですが

なぜか某専門学校が来ていたんですね。

 

興味本位でしたが、話を聞きに行ったら

「好きな音楽で生きていく、とてもワクワクする世界」があって

自分も「そちら側」に行きたい!って思ったんです!

 

しかも大好きなバンドのギタリストがそこの出身だった事もあって

「あ、オレの進む道はこれだ!」って思いました笑

 

2.親に話して、断られて、諦めて

家に帰って早速、親に

「ここ、いいなって思うんだよね」

と言ったのですが

 

「ダメ」と一蹴されてしまいました笑

まあ、大学進学が当たり前だったので

その返答も当然ですよね~( ;∀;)

 

でも、本気で音楽で生きたいと思っていたら

そこで引き下がらなければいいはずです。

 

諦めずに何度も想いを伝えて説得するはず。

 

それでもダメなら荷物まとめて家出してでもやるはず。

 

しかし、その時の自分はもう一度お願いする事すらしなかったのです。

つまりは「音楽で稼ぐ事」を諦めた瞬間だったんです。

(名残惜しくパンフレットいつも眺めてたけどね……笑)

 

3.当時は、なぜ諦めたのか?

ここからは過去の自分が

「どうしてそのような行動を取ったか?」

考えていこうと思います。

 

原因は『なりたい自分になる』事に

不安・抵抗があったからです。

 

夢を叶えるためには何かしら犠牲にしなければいけない。

本当は叶えたいはずなのに、今の生活を崩したくない

 

つまり夢を叶える事の一番の障害は現状維持

 

これ、科学的にも現状維持バイアスという言葉がありますが

当てはまる方は多いのではないでしょうか?

 

私だったら「大学進学」っていう普通の人生を捨てて

音楽一本で頑張る覚悟が無かったんです。

(大学進学が出来る事も素晴らしい事ですがね💦)

 

その夢に向かって走り出すと生じるリスクに対して

不安になってしまう気持ち。

 

音楽だったら「食べていくことができない可能性が大きい」

という不安が一番ではないでしょうか?

 

当時の自分も、ワクワクする反面

「プロのギタリストになるプロセス」に不安を覚えたんだと思います。

 

まとめ

・高校時代に一度、音楽専業を考えた。

・でもプロになる事に不安があった。

・そのせいで周りの反対が不安の後押しになった。

★夢を叶える事の障害は「現状維持

 

次回はまた音楽を仕事にしようと思った「就職活動」編をお届けします!

 

ホンケンと一緒に、『音楽×旅』を楽しみませんか?

そんなホンケンですが、最近はまた音楽を生きがいの一つとして

近い将来、収入にするべく頑張っています!

 

ただ音楽をがむしゃらに頑張るだけじゃなくて

社会人として働きながら大好きな『音楽×旅』

テーマに活動をしていきます!

 

aMCのLINE@(公式ラインアカウント)では

旅のリアルタイム発信音楽制作や動画制作の

最新情報、裏話をお届けします!

 

旅の行き先についてアンケートを取ったり

作曲についての勉強会で一緒にスキルを高めあったり

元塾講師の経験を活かして色々相談に乗ったり…などなど

LINE@読者さん限定、双方向で楽しむ企画も計画中!

 

音楽や旅行が好きな方、趣味で作曲や動画制作をしてみたい方は

ぜひ気軽に登録してみてくださいね!

 

 

検索

検索

-ホンケンの昔話

Copyright© akatsukikyo Music Channel , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.