【曲作り】あなたはインスト派!? 歌もの派!?

こんばんは! 今日は4時起きだったホンケンです(笑)

今日は久々にインスト曲を作っていたのですが

作曲する中で一番の分かれ所となる

【インスト・歌もの】についてお話していきます!

 

それぞれ、どんな考え方で作曲していくのか

紹介してきますよ~(≧▽≦)

Are you ready?

 

【歌ものとインストの大きな違い】

そもそも、この2つの違いは何でしょうか?

 

もちろん、歌詞が入るかどうか……ですね(笑)

歌ものを制作する上では、完成まで持っていくとなると

必然的に歌詞が必要になります

 

インスト曲は、もちろん歌詞が無いので

作業工程が1つなくなりますね

 

 

……とまあ、この辺は当たり前と言えば当たり前

 

実際に作曲をやっていくと他にも違いに気づきます

 

 

例えば、メインメロディの組み方の違い

ここにも、歌ものとインストは違いが出てきます

 

《歌もの》

歌ものは、当然ながら歌がメインメロディになります

曲の構成としても、基本、歌を中心に周りの音を組み立てているイメージです

(メロ先行にしろ、コード先行にしろ、イメージは同じです)

 

デュエットなどは、歌を分けたり

ユニゾンさせたりハモらせたり……と考える所は増えますが

基本は歌中心ですね!(ちょっと後述のインストの考え方に近いですが)

 

《インスト》

インストのメロディ構築の1つの特徴は

複数の楽器がメインパートを代わる代わる担当“出来る”事

 

出来る……なので必要は無いのですが

歌詞が無い中での感情表現を付けていく

楽曲を華やかにするには、持ってこいの手法です!

 

楽器自体が少なくても、メロディ分けの手法を使っています

(↑の作品はピアノ⇒ストリングスという流れですね!)

 

と、まあこんな感じで

作曲する上で歌ものとインストは

考え方に大きな違いが出てきます

 

どちらも何曲も作ってきているので

私の作品を紹介しつつ

それぞれ、こんな風に作曲していったよ~

という形でご紹介します!

 

今後、メインでの創作をどちらにするかお悩みの方や

片方しかやった事無い方は、ぜひ参考にしてみてください!

 

《メニュー》

【歌もの① メロディ先行型】

【歌もの② コード先行型】

【歌もの③ リフ構築型】

【インスト曲① メロディ型】

【インスト曲② コードバンバン型】

【インスト曲③ リズム・ベース先行型】

 

 

まずは歌ものから!

 

 

【歌もの① メロディ先行型】

歌もので、初心者でも作りやすい方法は

やっぱり『歌もの先行型』です!

 

この楽曲は中学生の時に、歌メロディを作りました

……当時はコードはおろか、「ベースって何?」

レベルの少年でした(笑)

 

ですが、キーボードで遊んでいるうちに

「綺麗なメロディを作ってみたい!」と思う様になり

こちらの歌メロディを作成しました

(当時からほぼ、変えていないのが、この曲のすごい所!)

 

コード理論は、実は今の動画ver.を作成した時にすら

理解していないレベルでした(ドミナント……って何?状態)

 

それでも、曲っぽくなりますよね(。-`ω-)

知識うんぬんは後からつける!

まずは作曲を楽しむ事から……という方には

この方法がピッタリです!

 

歌もの~歌メロ先行型』は

作曲体験をしたい!という方におススメです!

 

 

【歌もの② コード先行型】

(まだdemoですが、次回アルバムに収録予定の楽曲です!)

 

コード先行型は「色鮮やかなキャラクター性を持った楽曲づくり」に

適した作り方だと思います!

 

まずは、コード・コード進行によって

感情をどう動かせるのか、学んでいく必要があります

 

その点、メロディ先行型よりはハードルが高い方法ですね!

(めちゃくちゃ分かりやすくて1年でコード理論バッチシになれる

先生がいるのでコメントくれたら紹介しますよ~!)

 

ですが、一度身に付けてしまえば

楽曲全体をストーリーに見立てて構成していく事が

出来るようになって楽しいです!

 

「フラグを立てて~回収!」って感じで

曲作りをしている事もしばしば

 

物語性を持たせたい楽曲・キャラ付けを明確にしたい時』は

コード先行型』がおすすめです!

 

 

【歌もの③ リフ構築型】

メロディでもなく、コードでもなく

「このギターリフかっこよくね?」となったら

リフ構築型』で作曲です!

 

基本的には、作ったギターリフを繰り返して

そこに歌……というより言葉を乗っけていきます

(個人的にはラップを組むイメージです)

 

ただ、これだけだと単調になるので

①複数のリフパターンを組み合わせる

②サビは歌メロorコード先行型で作る

どちらかに気を付ける事が大切です!

 

②は上の『Suppress the FACTs!!』が例ですね

①の方法はこの楽曲で使っています

 

リフ構築型は『スピーディ』『無機質』『カッコイイ』楽曲に

なる傾向がほとんどじゃないかな、と思います!

 

逆に『ライブ向きでカッコイイ曲作りたいんだよね

という方はおススメかも!

(実は最近の邦ロックには少ないんだけどね……)

 

リフ構築型は、リズム先行傾向があるので

ドラムも先に作り込みます!

 

ライブでお客さんになったつもりで

「どうやって手を動かしたり頭振ったりするかな?」

って考えながら、ライブ感溢れるドラムにしていきましょう!

 

【インスト曲① メロディ型】

(これ、大昔の曲です……笑)

 

インスト曲で私がよくやるのは『メロディ型

歌メロの『メロディ先行型』とほぼ、作り方は同じです

 

ただ、ブログ冒頭でも書きましたが

インストの場合、歌メロでは出来ないメロディ構築ができるのが

大きな違いとなってきます!

 

歌では、あり得ない音域速さ音色の使い分け

そんな事ができるのがインストの一つの楽しみですね!

 

(個人的には歌メロ先行型の方が楽ですが

もしかしたら、初めての作曲はコチラの方が良いのかな?)

 

【インスト曲② コードバンバン型】

(cubaseで初めて作った曲だったかな?)

 

インストで、もう一つ歌ものにない

作曲方法がコードバンバン型

 

つまり、メインメロディが無いのです!

 

正確にはコードがメロディを兼ねている

という捉え方が良いのかな?

 

コードそのものの響きを重視して

楽曲を組み立てていく作り方ですね

 

ジャーンと慣らすもよし

アルペジオにするもよし

アプローチは様々ですが、あえてメロディを

感じさせない楽曲づくりは慣れていないと難しいかも(。-`ω-)

 

 

【インスト曲③ リズム・ベース先行型】

 

「これ、歌ものでも出来るのかな?」

と研究中な作り方が『リズム・ベース先行型

 

分かりやすいのはEDM四つ打ち系

ダブステップなんかも分かりやすいかな?

 

メロディもコードも気にせず

まずは『ノリ』を大切にする作り方ですね!

 

ダンスミュージック系

まさにこの作り方ですね!

 

DTM=EDMという図式がある方も

もしかしたらいらっしゃるかもしれません

 

作り方のイメージは

リズムパターンを何種類か用意して

コピペで並べていく形です

 

コピペ……って言い方あれですが

このコピペが意外と重要になってきます

ある意味、センスが問われる部分です

 

これが出来る作曲家さんは凄いと思います

 

リズム先行型コード先行型で作曲できれば

かなり広範囲でカバーできるはずです!

 

 

 

【まとめ】

はい、今回は歌ものとインスト曲での

それぞれの作曲の考え方を紹介しました!

 

もちろん、実際の楽曲は

複数のアプローチ方法で作る事がほとんどです

ですが、まずは自分に合いそうなスタイルで

作曲を始めてみると良いと思います!

 

そして、段々と他のアプローチ方法にも挑戦して

作曲の引き出しを広げていきましょう!

 

色んな方法が使えると

常に作曲中の曲を抱える状態づくりが

出来るようになります!

 

「メロディが思いつかないから

思いつくまで作曲はQK~♪」ってなったら

時間の無駄になっちゃいます(。-`ω-)

 

メロディが思いつかない日は

リズム型で別の曲を作る! って感じで

大切な1日を有意義に過ごせますよ!

 

きっと、思い立った今が作曲チャンス!

ぜひ、色んなアプローチを身に付けて

より作曲ライフを充実したものにしましょう!

 

目指せ、曲充!(≧▽≦)

 

☆新曲『infinity』好評公開中!

こやつは、『歌メロ先行型』で作っています♪

 

それじゃあ、またね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です